記事の詳細

萩広史がデザインするTシャツには、3つの特徴があります。

第一に、ペアルックや双子コーデといった現代の若者ファッションの傾向に、萩広史の手がけるデザインがとてもマッチしている点です。
萩広史のデザインTシャツが大ヒットしたきっかけは、あるカリスマモデルが、自身のSNSで萩広史がデザインを手がけたTシャツを着た写真をアップした事がきっかけですが、その写真というのがモデル仲間と2人で並ぶと別の意味が浮かぶような、斬新なペアルックタイプのTシャツだったのです。「お揃いTシャツでは抵抗があるが、彼氏(彼女・親友)とペアルックを着てみたい」というニーズにマッチした商品で、一人で着ていてもとても可愛いデザインでしたので高い支持を受けました。
友達同士が双子のように全体的なファッションを揃えるという双子コーデは現代の10〜20代の若い女性に多く見受けられますが、萩広史のデザインTシャツは彼女達にも受け入れられていきました。

第二に、文字による安直なメッセージTシャツではなく、インフォグラフィックスを使ってより深いメッセージ性を持ったデザインをしている点です。その為デザインも目に飛び込んできやすい上に共感を与え、文字以上のメッセージを含ませることができるのだと思います。
メッセージTシャツとは、「只今ダイエット中」などと言ったメッセージが書かれているようなTシャツのことです。浅草の外国人観光客に大変人気の漢字Tシャツを思い浮かべる方もいると思いますが、そこでの漢字はクールなデザインにすぎないので、メッセージTシャツとは言えません。メッセージTシャツはとてもユーモアがあって面白いですし、効果的に使えばとても価値のあるものだと思います。しかしそのメッセージ以外に発信される意味は無いことは事実で、その場ウケはするでしょうが印象に残ることはまず無いと言って良いでしょう。萩広史は、いかに共感を呼び感動を与えられるかということを追求しているので、メッセージTシャツという単純なデザインをすることはありません。とはいえ日本語の文字の形状の美しさは萩広史も感じており、日本語の文字を極小単位のアイコンとして配列しデザインをするようなタイポグラフィーによるデザインは彼の得意とするところで、主に20代の男性から支持を得ています。

第三に、オマージュやパロディといった注目のさせ方ではなく、萩広史オリジナルの視点で切り取ったデザインによって若者の心をがっちりと掴んでいることです。
デザインTシャツの世界では、独創性があることが一番の武器だと思います。
これらの特徴が萩広史が手掛けるTシャツの人気の秘密なのです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る